DD方式、NDD 方式とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
DD方式とはディーリング・デスクの略称であり、
ユーザーからの受けた注文をディーラーが判断しインターバンクに注文を流したり、
逆に自社内で保留します。
買いと売りの注文を相殺させて注文をせずにおくことで手数料を浮かせることができるのです。
また、注文を保留し、ユーザーが負けた際にその負け分が利益となりますので、手数料で儲けるよりも効率が良いのです。
FXは全世界共通のレートを見てインターバンクと直接取引しているように思いがちですが、実は DD方式の場合ですと、FX業者が独自に提示しているレートを元に、 FX業者と取引をしています。
相対取引というものです。
ゆえに、注文がトレーダーの不利に、即ち FX業者の有利な価格で決済されたりすることも考えられます。
一方で NDD方式というのはFX業者がトレーダーからの注文をそのままインターバンクに流す方式のことを言います。
この場合はユーザーからインターバンクまでの情報伝達時間しかかからない為、約定スピードが早く、スリッページも起きにくいです。
また、スプレッドや取引手数料で儲けるのでトレーダーにはより多くの取引をしてほしいため、ボーナスやキャンペーンを盛んに行っております。
さて、ここまできてどちらの口座を開くかは一目瞭然ですね。
いくら手数料やスプレッドが狭いからといって安直に日本の FX業者を選ぶのは大変危険と言えます。
もちろん日本の FX業者でもNDD 方式を採用しているところや、
取引所と直接やり取りできる口座もありますので、しっかりと選びましょう。

何かしらの企業として存続するためには何かしらの方法で儲けなければならず、
NGOでも無い限り、我々が使用しているサービスには何かしらの対価を支払っているはずです。

さて、FX業者は一体どこで儲けているのでしょうか?
予想できる大まかな儲ける手段をあげてみましょう

① 取引手数料で儲ける
1つの売買をする際に100円、200円といった手数料を設けます。
ユーザーが取引すれば取引するほど手数料はもらえますので、業者はトレーダーが儲かり、取引を続けてくれることを望みます。

② スプレッドで儲ける
提示するレートの差、スプレッドを+数pipsします。
インターバンクの提示しているレートに数pips乗せるので、確実にスプレッドは広くなります。
スプレッドに乗せる場合は基本的に取引手数料が無料の場合が多いです。
この場合も先ほどと同様にトレーダーを大事にしてくれます。
③ トレーダーの損失で儲ける
100円で買い、90円で売ったとしましょう。
そうすると10円×通貨数の損益がトレーダーには発生するわけですが、
FX業者がインターバンクに注文を出さないばあい、その損益は丸々FX業者の利益になります。
FX業者は注文をインターバンクに出さずに自社内で完結させることもあります。
つまりスプレッドはインターバンクの提示するものより低くても問題ありません。
FX業者はほどよくトレーダーが負けてくれたほうが儲かります。

日本のFX業者は3番を採用しているところが多く、DD方式と呼ばれる取引方法を行っております。
海外のFX業者は1番と2番を採用しており、それ故スプレッドが広かったりするのです。
1番と2番を採用するということは、なるべく多く取引を重ねてもらうことが利益につながりますので、それなりの企業対応をしてくれると考えるのが自然でしょう。
それが具体的にどういうことに繋がるかというのはココでは明言しませんが、察しの良い方既に気づいているのではありませんか?
次回はDD方式とNDD方式について詳しくご紹介したいと思います。

日本の FX口座のスプレッドはかなり狭いですね、
0.3pipsなど1pips にみたないスプレッドを提示しています。
それと比べると海外の FX口座のスプレッドは広く見えてしましますね。
1pips2pips などが普通で、それだけを見れば日本の FX口座を使用するのが良さそうに見えます。
しかし、騙されてはいけません。
スプレッドがここまで低いのには訳があり、さらに言えば、インターバンクが提示しているスプレッドよりも狭い数字を提供している業者もあります。
FXはインターバンクと通貨のやりとりをするので普通に考えればインターバンクの提示するスプレッドより狭いということは考えられません。
強いて言うのであれば、オープンキャンペーン等で赤字覚悟のトレードさせているということでしょうか。
しかし、企業として存続している限り、その他の収益源があるはずです。
それは一体どんな仕組みなのでしょうか?
また、スプレッドに差があると入ってもどうして日本と海外とではそんなに差があるのでしょうか?

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1